無料【ネタバレ】無視せざるを得ぬ町…っ!エピローグ

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

 

画像入りのネタバレ・あらすじ

ある時期から私は職人さんとしかお付き合いをしなくなってしまいました。その理由は・・ちょっと恥ずかしいんですがエッチがいいんですよね。

 

普通のサラリーマンの彼氏とか学生の時に付き合っていた彼氏とかとエッチをしていた時には感じられなかった指先でのイキみたいなのをあじわわせてくれるんです。

 

それに気づいてからはもう普通のサラリーマンとかと合コンをするのをやめてしまいましたし、出会った男性の指先を見てしまうようになりました。

 

なんとなくだけど、指先がエロい人、仕草とかもそうだけど、ゆびのふとさとがごつさとかそういうのが気になるようになったんです。

あとは職人さんは手先が器用だからなのかもしれないけど、丁寧にアソコの中をかきまわしてくれるし、いじるときでもごつい指先なのにとっても丁寧で繊細な動きをするんです。

 

なんていうか、器用って言うのがこういうときにも発揮されるんだなって。

 

今までにいいなって思った指使いをする職人さんは、型枠大工さん、左官、あとねじ工場勤務の人。

ねじ工場っていっても下町で有名な企業のとっても重要なねじを一手に請け負ってて毎日ミクロの世界?

 

すっごい精密な機械を自由自在に操ってるようなその道の匠!

 

みたいな人で、俺の技術は世界に通用するとか言ってて、仕事以外で料理とかしないってくらい手指に気を付けて生活している人でした。

そんなの聞いてしまったらもう生唾もので、いじってほしいって思いませんか?出会ったその日にそういう話を聞いて私はすぐ連絡先を交換して積極的にデートに誘いました。

 

ちょっとナルシストで彼氏にするにはその人はちょっとなって正直思ったけど、匠の指技、手技?を私に発揮してくれるのかどうかを確かめたくて・・・(笑)

 

結構遊び人だってことも情報ではわかっていたので、期待してホテルに誘われるようにちょっと酔ったふりまでしました。

そのかいがあって、結構気持ちいい経験ができたんです。

 

まず彼の指は節くれだった年配の人のような不格好な大きなもので、でもひだの間を的確に刺激しつつ何本かの指を奥までぐっと突っ込んではげしめにいじってくれました。

ああ、って思わず腰を浮かすと、いいだろ?って言いながらさらに奥に指を勧めてきて、そこでするするっと中をひっかきまわしはじめたんです。

 

その動きが、ちょっと今まで味わったことなくらい微妙なこすり方をするので私はあまりに集中しすぎてよだれが出てしまっていました。

 

やっぱりこの先も職人とのセックスは辞められないと思います。

 

 

 

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。